那覇市地球温暖化対策協議会へようこそ!
ホーム
お知らせ 協議会概要 活動内容 入会案内 会員紹介 LINK


概 要
地球を包む温室効果ガス

 地球の表面には窒素や酸素などの大気が取り巻いています。地球に届いた太陽光は地表での反射や輻射熱として最終的に宇宙に放出されますが、大気が存在するので、急激な気温の変化が緩和されています。とりわけ大気中の二酸化炭素は0.03%とわずかですが、地表面から放射される熱を吸収し、地表面に再放射することにより、地球の平均気温を摂氏14度程度に保つのに大きな役割を演じています。こうした気体は温室効果ガスと呼ばれます。
18世紀後半頃から、産業の発展に伴い人類は石炭や石油などを大量に消費するようになり、大気中の二酸化炭素の量は200年前と比べ35%程増加しました。これからも人類が同じような活動を続けるとすれば、21世紀末には二酸化炭素濃度は現在の2倍以上になり、この結果、地球の平均気温は今より上昇すると予測され、IPCC第4次評価報告書によると2100年の平均気温は、最小で1.1度、最大で6.4度上がると予測されています。
温室効果ガスには、二酸化炭素のほかメタンやフロンなどがありますが、とりわけ、フロンなどの人工の化学物質は二酸化炭素より温室効果が強く、わずかな量でもその影響が心配されています。地球の温暖化は二酸化炭素やフロンなどが原因であり、これは人為的な活動に起因することは、ほぼ疑いの余地はありません。

気温が上昇すると

 例えば気温が2度上がると私たちにどのような影響があるのか、なかなか実感しにくい面があります。
しかし、かつてない猛暑だと言われた年でさえ平均気温にすると平年より約1度高かっただけです。このように、わずかな平均気温の上昇によっても大きな影響が現れてきます。
温暖化が進むと、日本ではこれまで食べてきた美味しいお米がとれなくなり、病害虫の懸念も増大します。漁獲量にも影響がでます。暖水性のサバやサンマは増える一方、アワビやサザエ、ベニザケは減少するとみられます。また、日本南部はデング熱が流行する危険性が増し、北海道や東北ではゴキブリなどの害虫が見られるようになると考えられます。都市部ではヒートアイランド現象に拍車がかかり、海岸地域では砂浜が減少し、また、高潮や津波による危険地帯が著しく増大します。
地球規模で見ると、海面が上昇して数多くの島々が海に沈みます。特に、マーシャル諸島や低地の多いバングラデシュでは大きな被害がでます。また、温暖化は異常気象を招き、地球上の各地で水の循環が影響を受けます。この結果、洪水が多発する地域がある一方、渇水や干ばつに見舞われる地域も出てきます。
こうした気候変動は世界的な農産物の収穫にも大きな影響を与え、国際相場が大きく変動します。とりわけ食糧の輸入依存度の高い日本への影響が心配です。

私たちにできること

 日本における温室効果ガスの排出は、大半が産業活動に起因しています。とりわけ二酸化炭素の排出はエネルギー需要に左右される面が大きく、このため産業界における徹底した省エネやエネルギー転換などが進められ、これからもより積極的な対策が期待されます。政府はこうした活動を支援し、さらに自然エネルギー利用などを促進するため、経済的なインセンティブの導入などを積極的に推進しようとしています。
一方、日本経済を根底で支えているのは私たち国民の一人一人であり、温暖化を防止するためには、私たちのライフスタイルを変革することが不可欠となります。
できるだけ不要なものを買わず、大事にものを使い、再利用やリサイクルを心がけることは大変重要でまた、節電、外出時に自転車や公共機関に切り替える努力も必要です。
要は、生活の中でできるかぎり資源・エネルギーの無駄使いを排除し、再利用やリサイクルを推進していくことが、循環型社会を構築し地球温暖化を防止する基本となります。

参照文献:気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第4次評価報告書 第1作業部会(2007年2月2日発表)



ページ先頭へPageTop


地球温暖化の原因と予測
地球温暖化の原因と予測

温室効果ガスによる地球温暖化への寄与度 地球温暖化の原因となっているガスには様々なものがあります。なかでも二酸化炭素はもっとも温暖化への影響度が大きいガスです。産業革命以降、化石燃料の使用が増え、その結果、大気中の二酸化炭素の濃度も増加しています。
IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、このままでは 2100年の平均気温は、温室効果ガスの排出量が最も少ない場合には平均1.8度(予測の幅は1.1〜2.9度)、最も多い場合には4.0度(予測の幅は2.4〜6.4度)と上昇すると、2007年に発表しました。

グラフ:IPCC第4次評価報告書2007全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

地球温暖化のメカニズム

 現在、地球の平均気温は15℃前後ですが、もし大気中に水蒸気、二酸化炭素、メタンなどの温室効果ガスがなければ、マイナス19℃くらいになります。太陽から地球に降り注ぐ光は、地球の大気を素通りして地面を暖め、その地表から放射される熱を温室効果ガスが吸収し大気を暖めているからです。
近年、産業活動が活発になり、二酸化炭素、メタン、さらにはフロン類などの温室効果ガスが大量に排出されて大気中の濃度が高まり熱の吸収が増えた結果、気温が上昇し始めています。これが地球温暖化です。

    正常な地球       温暖化が進んだ地球

増え続ける温室効果ガス

 2001年に発表されたIPCC(注)第3次評価報告書によれば、温室効果ガス別の地球温暖化への寄与は、二酸化炭素60%、メタン20%、一酸化二窒素6%、オゾン層破壊物質でもあるフロン類(CFCs、HCFCs)とハロン14%、その他(HFCs、PFCs、SF6など)0.5%以下となっています。
つまり、石油や石炭など化石燃料の燃焼などによって排出される二酸化炭素が最大の温暖化の原因と言えます。 この二酸化炭素濃度は、1750年の280ppmから2005年の379ppmへと実に35%も増加しており、これは過去2万年で最大の増加率です。また現在の濃度は過去2千万年で最高かもしれません。このままでは、2100年には産業革命前の2倍から3倍以上の540〜970ppmへ増加すると予測されています。

上がり始めた気温

 1906〜2005年の傾向では、地球の平均気温は100年当たり0.74℃上昇しました。これは2001年に発表されたIPCC第3次評価報告書で示されていた1901〜2000年の100年当たり0.6℃の上昇傾向よりも大きくなっています。これを過去50年間の傾向で見ると、10年当たり0.13℃(0.10?0.16℃)上昇、これは過去100年の傾向の2倍近くになっています。
主として北半球のデータによると、過去1000年でこの気温の上昇スピードは最大、1990年代は最も暖かかった10年、1998年は最も暖かかった年でした。特に過去50年の気温の上昇は、自然の変動ではなく、人類が引き起こしたものと考えられ、今後、温室効果ガス濃度の上昇の結果、2100年の気温は1990年からさらに上昇すると予測されています。
IPCCの第4次評価報告書(2007)によると、温室効果ガスの排出量が最も少なく抑えられた場合でも平均1.8度(予測の幅は1.1〜2.9度)の上昇、最も多い場合は4.0度(予測の幅は2.4〜6.4度)の上昇と予測され、IPCC第2次評価報告書(1995)の1.0〜3.5度の上昇、IPCC第3次評価報告書(2001)の1.4〜5.8度に比べて、予測の確実性が高まるとともに最悪のケースが上方修正されました。

どこまで続くのか 海面の上昇

 20世紀の間、海面は12〜22cm上昇しました。 今後、地球温暖化に伴う海水温の上昇による熱膨張と氷河などの融解によって、2100年までにさらに18〜59cm上昇すると予測されています。 21世紀の間、南極の氷床が融けるかどうかは現在の科学では確実な予測はできませんが、今後1000年では南極の西部の氷床が融ける可能性があり、その場合海面は現在より3m上昇する可能性があります。

注)IPCC:気候変動に関する政府間パネルの略。1988年UNEP(国連環境計画)とWMO(世界気象機関)によって設立された。



ページ先頭へPageTop


地球温暖化の影響予測(世界)

 IPCC第4次レポートでは、化石エネルギー源を重視しつつ高い経済成長を実現する社会では、2100年には地球の平均気温が約4℃(2.4~6.4℃)上昇すると予測しています。そうなったら地球はどうなるのでしょうか?

  • ・海水の熱膨張や氷河が融けて、海面が最大59センチ上昇します。南極のやグリーンランドの氷床が融け
      るとさらに海面が上昇します。
  • ・現在絶滅の危機にさらされている生物は、ますます追い詰められ、さらに絶滅に近づきます。
  • ・マラリアなど熱帯性の感染症の発生範囲が広がります。
  • ・降雨パターンが大きく変わり、内陸部では乾燥化が進み、熱帯地域では台風、ハリケーン、サイクロンと
      いった熱帯性の低気圧が猛威を振るい、洪水や高潮などの被害が多くなります。
  • ・気候の変化に加えて、病害虫の増加で穀物生産が大幅に減少し、世界的に深刻な食糧難を招く恐れが
      あります。
年間3000億ドル(約35兆円)以上の損害!?

 国連環境計画(UNEP)が2001年2月に発表した報告では、2050年に二酸化炭素の濃度が2倍になると、繰り返される異常気象や海面上昇による土地の喪失、漁業や農業への悪影響、水不足などで年間3000億ドル(約35兆円)以上の損害が発生すると予測しています。
IPCC第3次評価報告書でも、壊滅的な異常気象による世界規模での経済的損失は、1950年代の年間39億USドルから1990年代の年間399億USドルへとすでに10.3倍も増大していると指摘しています。
こうした損害を補償する保険も、今後保険料が高騰していくでしょう。

大規模で急激な変化の可能性

 地球温暖化によって、北大西洋の海洋の大規模な循環が変わり、グリーンランドや南極の氷床が崩壊し、シベリアなどの永久凍土や沿岸の堆積物から大量の温室効果ガスが放出されるなど、予測できない急激な変化を引き起こす可能性さえあります。

地球温暖化は、先進国と途上国の格差を拡大する

 日本やアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、ロシアなどの先進国では、気温の上昇幅が小さければ悪影響だけでなく、冬季の暖房費用の軽減など好影響もある可能性があります。また悪影響に対処するだけの技術力も資金力もあります。
しかし、少しの気温の上昇で多くの途上国が正味の経済的損失を被り、温暖化が進行すればするほど損害も大きくなります。にもかかわらず、途上国にはその悪影響に備えるだけの力はありません。
その結果、地球温暖化の利益を受ける人がいても、地球全体では被害を被る人の方が多くなります。

気がついたときには手遅れに

 地球温暖化による気温や水温の上昇、降水量の変化などによって、自然の生態系も深刻な影響を受けます。
しかし目に見える変化は、気候が変化した後、数年、数十年、数百年と遅れて起こります。ですから今大きな変化がないからといって、地球温暖化の影響は大したことがないと思っていると、いずれ取り返しのつかない変化が生じることになるかもしれません。

海面上昇の影響

 2080年代までに海面水位が40cmしか上昇しなかった場合でも、海面上昇がない場合に比べて、毎年高潮により浸水を受ける人口が世界全体で7500万〜2億人も増加します。
また熱帯、亜熱帯の島嶼国は、標高の低い土地が多いのに加えて経済的に貧しい人々が多く、もっとも深刻な影響を受けやすいと考えられています。海面の上昇によって、沿岸侵食の拡大、土地や財産の損失、人々の移住、高潮のリスクの増大、沿岸の自然生態系の減衰、淡水資源への塩水(海水)の浸入が起こり、これらの変化に対処するため高いコストが生じるでしょう。
また観光は多くの島にとって収入及び外貨獲得の重要な源ですが、異常気象の増加などや海面水位の上昇から深刻な観光資源の損失に見舞われます。


ページ先頭へPageTop


地球温暖化の影響予測(日本)

 IPCC第4次レポートでは、化石エネルギー源を重視しつつ高い経済成長を実現する社会では、2100年には地球の平均気温が約4℃(2.4~6.4℃)上昇すると予測しています。そうなったら地球はどうなるのでしょうか?

  • ・気候帯が4〜5km/年のスピードで北上する報告があります。
  • ・海面水位の上昇により、東京、大阪などの都市部が水没する恐れがあります。
  • ・強い熱帯低気圧は増加することが予想され、沿岸域での被害が予想されます。
  • ・熱中症、テング熱、日本脳炎などが多発する可能性が高まります。
  • ・サンゴの白化など、身近な生態系に最も深刻な影響が予想されます。
  • ・針葉樹林の分布敵地の減少することが予想されます。
日本の年平均気温は大幅に上昇している

日本における年平均気温の変化 日本の平均気温は、20世紀の100年間で約1.0℃上昇しました(右図)。これは、世界全体の気温が約0.6℃しか上昇していないのに比べて2倍近い大きな数字です。

  • ・基準値(0.0℃)は、1971〜2000年の30年間の平均値です。
  • ・棒グラフは、国内17地点での年平均気温の平年差(平年値との差)を平均したものです。
  • ・太線(オレンジ)は、その年と前後2年を含めた5年間について平年差との平均をとった5年移動平均です。

これによってゆっくりした変動を見ることができます。 直線(赤)は平年差の長期的傾向を直線として表示したものです。

日本の異常気象の傾向

 気象庁によれば、平均的な気温の上昇に加えて極端に気温の高い異常高温の発生数が増加傾向にあり、反対に極端に気温の低い異常低温の発生数は減少傾向にあります。
また、異常少雨も増加傾向にあり、夏の気温が特に暑い年とそうでない年との変動幅の拡大も指摘されています。
日本全国の降水量の年平均値は、この100年間で6.6%減少する傾向にあり、特に冬の降水量は21.2%、秋も12.6%減少しています。この傾向は東日本と南西諸島で顕著に現れています。

生物への影響も既に現れている!?

 こうした日本の温暖化傾向を受けて、サクラの開花日が早まり、イチョウやカエデの紅・黄葉や落葉が遅れるなど、生物季節へもすでに影響が現れています。


ページ先頭へPageTop


地球温暖化の影響(頻発する異常気象)
降水量の長期的傾向

 北半球の中緯度から高緯度の陸地のほとんどにおいて、降水量は10年間に0.5〜1%の割合で増加している一方で、大部分の北半球亜熱帯の陸地の降水量は、10年間に0.3%の割合で減少しています。
熱帯の陸地では、降雨量は10年間に0.2〜0.3%の割合で増加。20世紀後半、北半球の中緯 度から高緯度の地域では、大雨の発生頻度が2〜4%増加しました。
今後、地球全体の水蒸気と降水量は増加すると予測され、特に北半球中緯度から高緯度の地域や南極で冬の降水量が増加し、赤道に近い低緯度の陸上では、増加する地域と減少する地域の両方があります。降水量の増加する多くの地域では、降水量の多い年と少ない年の変動が大きくなりそうです。

エルニーニョ(注)

 エルニーニョそのものは新しい現象ではありませんが、過去100年間に比べ1970年代中頃以降、より頻繁に発生。一旦生じると長期化し、かつ海水温の上昇幅も大きくなってきています。
最新の科学的研究では、今後100年間においてエルニーニョの程度は、ほとんど変化しないか若干強くなると予測されています。それにもかかわらず、地球温暖化は、多くの地域においてエルニーニョに伴って発生する干ばつと豪雨の激化をもたらす可能性が強いとされています。

(注)エルニーニョとは、熱帯東太平洋(ペルー沖)で「海面水温が平年より0.5℃以上高い状態が継続すること」を言います。その反対に「海面水温が平年より0.5℃以上低い状態が継続する」場合はラニーニャと呼びます。ラニーニャは、エルニーニョと比較して通常の海水温パターンに近いので大規模な異常気象はあまり発生しません。

異常気象現象

 21世紀中に、最高気温及び最低気温の上昇、大部分の地域での大雨の増加、大部分の中緯度地域の内陸部における夏の渇水、一部の地域における熱帯低気圧の最大風力及び降水強度の増加等が起きる可能性が高いと予測されています。

モンスーン

 地球温暖化は、アジアにおける夏のモンスーンによる降雨が、降る年と降らない年の変動の激化をもたらす可能性が高いと予測されています。


ページ先頭へPageTop

Copyright© 2007 Nahacity GlobalWarming MeasuresMeeting. All right reserved.